カルバトールはてんかん治療薬のジェネリック医薬品であり、元の薬とほぼ同じ効果が期待できます。
ジェネリックは後発メーカーが販売している医薬品のことであり、成分については元の薬と同じですが、ネット通販で購入できることや価格がかなり安いというメリットがあります。

てんかんの治療は時間がかかると言われており、費用を抑えることはかなり重要です。
ジェネリック医薬品の主成分については元の薬と同じですが、添加物や製造方法などは全く同じというわけではありません。
人によって効果の出方は異なりますし、カルバトールのようなジェネリック医薬品の方が体質に合っているということもあります。
てんかんの治療や予防のために薬を服用する場合、どのような薬が良いのかきちんとドクターに相談してみましょう。

てんかんの薬は血中濃度を安定させることが目的であり、薬を頻繁に取り替えるのは良くないとされています。
カルバトールと元の薬は微妙に効き目が異なっているため、交互に飲むと血中濃度が不安定になってしまうことがあるのです。
一度飲み始めたら同じ治療薬をずっと飲み続けるようにしましょう。
ちなみに、カルバトールのようなジェネリック医薬品は医療機関によっては取り扱いがないこともあります。

カルバトールはカルバマゼピンという物質を主成分とした薬です。
てんかんだけでなく統合失調症などの治療にも使われています。
てんかんは脳内の神経が意思に関係なく興奮してしまうという病気なのですが、カルバトールには神経の興奮を阻害するという作用があるため、てんかんの発作を抑えることができるのです。

カルバトールは特に運動や感覚に異常を感じる部分発作に有効とされています。反対に全般発作にはほとんど効果がないということです。
カルバトールは原因を改善売るための薬ではないですし、あくまで発作を抑えるための薬と知っておきましょう。
そのため治療するためには長期間飲み続ける必要があるのです。
症状が改善してきたら少しずつ量を減らしたり、薬をやめても良いでしょう。

カルバトールの副作用としては、頭痛や眠気、吐き気などの症状があります。
重篤な副作用のリスクはありませんが、飲んでいて体調に変化を感じたら飲むのをやめてドクターに相談しましょう。

カルバトールを安く購入するにはネット通販がおすすめ

カルバトールは、成分にカルバマゼピンに含んでおり、局在関連てんかんの第一選択治療薬です。
てんかんにもいくつかのパターンがあって、全般性てんかんの場合にはカルバマゼピンは発作を悪化させるのでかえって危険です。
てんかん専門医ではじめに検査をしてどのタイプのてんかんなのか特定してもらって、効果や副作用をよく確かめてから使う必要があります。

カルバトールは局在関連てんかんに対する作用においては他の薬よりはるかに優っていますが、俗にテグレ酔いと呼ばれる眠気・頭痛・ふらつきなどの酔ったように感じる副作用も強いのも特徴的です。
カルバトールはジェネリック医薬品なので一般の薬局では病院の処方がなければ購入することは出来ません。
しかし、カルバトールは同時にインドの製薬会社が作っている薬でもありますので、個人が並行輸入することは認められています。

この方法を用いてネット通販で購入すれば安い価格でカルバトールを入手することが可能です。
ネット通販の利点は他にもあります。
前出のようにカルバトールを日本で購入するには処方箋がいるのですが、これは病院に通院しないともらえません。
てんかんは症状を抑えるために治療薬を飲み続けなければならない病気ですが、定期的に病院に通うのは、患者さんにとってはかなりの負担です。

今症状が治まっていても、薬は発作の予防のためには絶対に飲み続けていなければいけません。
そんな厳しい状況にあるてんかん患者さんにとって、買い置きが出来るのはネット通販だけです。
忙しくて病院に行けないという人、出張などで薬が切れてしまうという不安もネット通販で事前に予備になる量を購入しておけば解消することが出来ますね。